HOME » 肌質別リキッドファンデーション » リキッドファンデーションで赤みを隠せる?
肌質別リキッドファンデーション

リキッドファンデーションで赤みを隠せる?

肌トラブルの中で意外と悩んでいる人が多いと思うのが、「肌の赤み」ではないでしょうか。
本来、色の白い人に多いかも知れないこの悩み。
トラブルは、なにもニキビやシミ、シワ、くすみだけではないようですね。

顔の赤みをカバーするのには、だんぜんベースメイクの工夫が必要になってくると思います。
単に隠す、ということではなくて自然な白さにしなくてはなりませんね。
そこでうまく使って欲しいのがコントロールカラーです。
これは、化粧下地のあとに使いますが、顔全体に使うのではなくて気になる部分に少し伸ばして使います。
色はグリーン系がいいと思いますが、他にはブルーやイエロー、ブラウンなどもあります。

小鼻の赤みはコントロールカラーなどを使ってみましょう。
次にリキッドファンデーションをのせていきますが、このコントロールカラーを使うことでリキッドファンデーションの仕上がりにも違いが出てくると思います。

色の白い人は、立体感を無くさないように、フェイスラインのところは暗めのコントロールカラー、もしくはもともとの肌色を活かしてメリハリを作るといいでしょう。
白味を出したいがために全体的にコントロールカラーを使ってしまうと、白浮きして不自然です。
リキッドファンデーションだけでは不十分でも、このようにコンシーラやコントロールカラーを併用することで自然なカバーが可能です。

ただし塗り過ぎは禁物です。
厚塗り感が出てしまうと化粧崩れも目立ってしまいます。
コントロールカラーも少しの量で調整しましょう。
このように赤みを上手く隠してメイクを楽しんでみてくださいね。